Blogけやき通信

*

忘れないで、フィラリア予防

こんにちは。看護師の山内です!

 

12月に入り、寒い日々が増えてきましたね。

私は自転車で通勤をしておりますが、最近は手袋なしではまともに運転できないくらい寒く感じます。

 

しかしまだ、蚊や、小さな虫が飛んでる姿を見かけます。

蚊が飛んでいるということは、蚊が媒介するフィラリアに感染する可能性があるということです。

感染してしまうと体の中で成長し、赤ちゃんを産んで増殖してしまいます。

当院処方のフィラリアのお薬は、毎月飲んでいただいているでしょうか?

過去1ヶ月の間に、ワンちゃんの体に入ってしまったフィラリアの幼虫を駆虫することができます。

ですので、蚊が完全にいなくなると思われる12月上旬(もしくは11月終わり)にフィラリアの薬を飲んで

フィラリアを駆虫してあげましょう。

 

家の中だから大丈夫、もう冬になるから大丈夫、と思いがちですが

蚊は家の中にも入って来ますし、11月でも暖かければまだ活動をしています。

最後まで忘れずにフィラリアのお薬をあげ、愛するワンちゃんを守ってあげましょう。

安心して冬を過ごせるといいですね。

 

まだお飲みになられていない方は、今からでも遅くないので

ぜひお薬を飲ませてあげましょう。

 

 

 

 

*
*

メニュー閉じる

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る